業務連絡2

  • 2010.09.27 Monday
  • 21:39


メッカのカーバ神殿


カラヤン/ウィーン・フィル
ウィーン・フィル創設150周年ライブ

シューリヒトのブル7

  • 2010.09.25 Saturday
  • 20:00

シューリヒト/ハーグ・フィルのブル7。


昔持っていて僕の中では結構好印象だった。
理由はオケの音がよかったから。

実は後輩に貸してそれっきりになっていた。
ようやく重い腰をあげて買いなおすことにした(そっちかい!)。
今日入手しいて聴いたんだけど、
特に第1楽章、オケ下手すぎ!

旧リンツ稿?

  • 2010.09.24 Friday
  • 21:12

HMVの通販で買ったCDが届いた。
その中にブルックナーの1番 ティントナー/ロイヤル・スコッティッシュ・フィルのものも。このCDは安いのでマルチバイ目当てのいわゆる「3枚目」のCD。
どうせ「3枚目」ならばブルックナー絡みがいい。それに【靴離▲澄璽献隋曚蘯録されていて、なかなかレアな1枚。


届いたCDの帯を見たら、ギャラガン校訂の【旧リンツ版】だとか。
(正しくは【版】ではなく【稿】なんだけど・・・)
【旧リンツ稿】?なんだそれ。

今日演奏されている【リンツ稿】ではなくて、リンツ稿の初演のときの楽譜が【旧リンツ稿】だそうだ。ギャラガンが校訂して特別に楽譜を用意したそうだ。
ティントナーの1番が【旧リンツ稿】によるものだったとは知らなかったし、
【旧リンツ稿】の存在さえ知らなかった。

しかし、こうなったらキリがないなぁ。
「ここがちょっと変わってる」だけで、これはいままで日の目を見なかった新しい版・稿だ!なんてやられては、ギャラガンに対して怒りさえ覚える。
ただでさえも複雑な「ブルックナーの版・稿問題」がさらに複雑になってしまう。
小出しにして儲けようなんて思ってるんじゃないんだろうなぁ。
【旧ウィーン稿】とかあるんじゃないだろうなぁ。

さてさて、一般に演奏される【リンツ稿】と【旧リンツ稿】、
どこが違うのだろうか。聴いてもわかんないんだろうなぁ。

ひさしぶりの聴き比べ

  • 2010.09.23 Thursday
  • 14:17

ローマ法王を決めるのはコンクラーベ。
樋口一葉はたけくらべ。
柱の傷はおととしの背くらべ。
根気や忍耐力の強さをきそい合うことは、根比べ/根競べ。


マイミクさんがブルックナー交響曲第8番の一番のお気に入りは、
シューリヒト/ウィーン・フィルだという。
僕もそれには同感。
ただし、刷り込みが随分入ってるけどね。
でも、これ以上の演奏を聴いたことはない・・・と思う。

で、そのマイミクさんによると次点は、
ヨッフム/SKDらしい。
ということで、寝るときにそのCDをかけた。
すると、半分寝ながらだったのでどこかわからないけど、
3楽章でホルンが思いっきり吠えてるではないか!
そういうの好き^^

ということで、
翌日からブルックナー交響曲第8番の聴き比べをすることになった。
ただ、ブルックナーの交響曲って長いので聴き比べをするのにも一苦労。
まぁ、マーラーもそうなんだけど^^;
長いのでそんなにたくさんの種類の演奏を聴くことができないので、
邪道な聴き方ではあるけれど、第3楽章のみに絞って聴き比べ。
ブル8のなかではやっぱり第3楽章はキーだと思うので。

しかも、一番のお気に入りの、
シューリヒト/ウィーン・フィルはとりあえず置いといて、
さらに、聴いててもさっぱり面白味のないヴァントも外して、
日本でのブルックナーをひろめた第一人者としては認めるが、
演奏はいまいちだろうと思われる(テンポが遅すぎるんだよ!)、
朝比奈隆もとりあえず外した。
(てか、朝比奈のブル8なんか持ってないだろ!)

ある意味ブルックナー愛好家にはあるまじき外し方をして、
目ぼしき演奏をピックアップしながら、
遠い記憶に頼りながら出来る限り外しもって、
聴き比べをやって行こうと思うんだけど、
いつになったら終わるんだろうか^^;


「交響曲マイナス1番」

  • 2010.09.20 Monday
  • 20:43

ブルックナーの「交響曲ヘ短調」は

あくまでも「交響曲へ短調」であって、

「交響曲00番」などと言ってはいけません。


言うにことかいて、

「交響曲マイナス1番」なんて言う奴がいたら

(そういう奴が信じられないが、本当にいるらしい)、

小一時間ほどコンコンと説教してやる!

ショパンのポロネーズ

  • 2010.09.15 Wednesday
  • 22:25

教育テレビで仲道郁代がショパンの軍隊ポロネーズを教えてた。
生徒は長谷川初範。
長谷川初範は熱心に(熱心なのはあたりまえだが)レッスンを受けていたが、この番組って一体・・・???

業務連絡

  • 2010.09.13 Monday
  • 20:28

ブルックナー/マーラー事典

東京書籍 定価6,800円

やっと

  • 2010.09.11 Saturday
  • 22:39

半分できた^^;;

是非とも市販化してほしい!

  • 2010.09.10 Friday
  • 20:53

ずいぶん前の話だけど、
NHKがザルツブルク音楽祭’99の模様を放映してた。
その年はカラヤン没後10年だった。

オケは、
 【小澤征治/ウィーン・フィル/ジェシーノーマン】
曲目は、
 【アリア】
 【トリスタンとイゾルデより「前奏曲」と「愛の死」】
 【ブルックナー交響曲第9番】
場所は、
 【ザルツブルク祝祭大劇場】

その当時、あるサイトで僕のブルックナー好きが有名になっていて、
この放映が終わると、マイミクさんが(もちろんその当時はmixiはなかったけど)、「ブルックナーよかったねぇ!」とわざわざ電話をくれた。
その映像は録画していて、今でもちょくちょく見るのだけど、
ブルックナーはよかったんだけど、ジェシーノーマンのトリスタンが輪をかけてめちゃくちゃいい!すばらしい!
僕は歌曲は聴かないんだけどこれは別格。
僕の中のトリスタン・・・はこれが最高である。
【アリア】ではカラヤンに祈りをささげていた小澤が、鳴り始めた聴衆の拍手を止めさせたというハプニングもあるなど、
是非とも市販化してほしい映像だ。

ところで、いつものムジークフェラインじゃなかったので、単なる気のせいだけかも知れないけど、ウィーン・フィルのメンバーがいつもと違っていたような気がするんだけど、気のせい?


甲村記念図書館

  • 2010.09.08 Wednesday
  • 20:46

マイミクさんが四国に旅行に行ったそうだ。
四国と言えば、高松にある甲村記念図書館を思い出す。
ご存じ、村上春樹の小説「海辺のカフカ」に出てくる図書館である。
村上春樹は、甲村記念図書館のモデルはない、勝手に考えたものだと言っているけど、こういうサイトがある。
http://www.mdn.co.jp/webcre/Netacho/Vol34/

リンクは切られたのか、はじめから設定してないのか、ジャンプしないし、検索もアウト。「お知らせ」も2004年で終わっている。
このサイトなに?

酷暑でオーディオもやられたか?

  • 2010.09.05 Sunday
  • 16:34

ロイヤル・コンセルトヘボウがまだアムステルダム・コンセルトヘボウと名乗っていたころのブラームス交響曲全集が出たので入手した。
指揮はベルナルト・ハイティンク。


寝る前にはタイマーをかけて音楽をかけてて、最近はメンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」。


で、上記のブラ1をかけたらいつも同じところで針が飛ぶ。
針と言ってもCDなんだけど。飛んだら前にジャンプするからエンドレス。
うとうとしていたら、これが結構キツイ^^;
CDを取り出して、盤面をまじまじ見るんだけどキズのようなものは見当たらず。
違う機器で再生してみると針が飛ぶこともなくちゃんと再生される。

この酷暑のせいでCDプレーヤーも逝ってしまわれたのか?
まぁ、買ってから10年以上経つので寿命が来ているのかも知れないんだけど^^;


放置プレー

  • 2010.09.04 Saturday
  • 16:31


むずかしいのと暑いのでやる気が起こらない^^;

メータの幻想交響曲

  • 2010.09.03 Friday
  • 22:03

ヤフオクでGET!

・・・と思ったら・・・・

持ってた^^;

小澤/ボストン響のマラ9

  • 2010.09.02 Thursday
  • 21:16

のブルーレイが到着した。
ボストン響の音楽監督としてのラストコンサートである。
記憶が正しければ、以前にNHKでも放送された。
第4楽章の静かなところで、聴衆の咳さえなければ素晴らしいマラ9であったとの印象がある。
まだ聴いて(見て)ないけど、なんか処理されているのだろうか?

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

検索

オススメ

ブルックナー:交響曲全集
ブルックナー:交響曲全集

サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団のブルックナー交響曲全集です。とてもショルティッシモです。

オススメ

羊をめぐる冒険
羊をめぐる冒険

村上春樹初期3部作の最後を締めくくる作品です。【風の音を聞け】【1973年のピンボール】もあわせて読みましょう^^

オススメ

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

村上春樹の最高傑作(と、勝手に思っています)。

オススメ

マイ・ライフ
マイ・ライフ

まだ見ぬ子供を思う癌におかされた父親の話・・・と思ったら、実は主人公も父親と確執を持っていた!涙なしでは語れない感動の映画。

オススメ

玲玲の電影日記
玲玲の電影日記

泣きますよ。泣くけどいかにもMADE IN CHAINAな電影。

オススメ

ライヴ・イン・大阪 1984
ライヴ・イン・大阪 1984

今のベルリン・フィルにこんな演奏ができるだろうか?アンチ・カラヤンの人にも是非見てほしい一枚。

オススメ

オススメ

ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)
ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)

【羊をめぐる冒険】から4年後の世界を描いた物語。とても神秘的でハルキワールド全開。もちろん<下>もお薦め。

オススメ

天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]
天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]

伝統と最新科学の対決。こんなおもしろい映画はひさしぶり。

オススメ

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

よろしくお願いしまあぁぁぁぁぁぁぁぁすッ!!!
その他
リンク

mobile