今月号のレコード芸術

  • 2009.11.23 Monday
  • 15:28

今月号のレコード芸術は、
【世界の名指揮者ベストランキング2009】という企画をしている。

レコード芸術には発売されたCDを「音楽評論家」(という肩書きがついた人たち)が批評する「月評」なるコーナーが毎号ある。
僕は、この「音楽評論家」による「月評」をあまりよく思っていない。芸術というのは、いいか悪いか(好きか嫌い)は、聴く人によって左右されるのであって、「音楽評論家」が良いと言ったから良いわけなんてないと思っている。

そんなバカな話はない。

しかし、「音楽評論家」は「先生」と呼ばれ、レコード芸術は日本のクラシック界では「権威」ある雑誌とされている。
クラシック界では、あまり【その手の】雑誌がないので、僕は毎月レコード芸術を買っている。決して「月評」目当てではない。【読み物】としてはおもしろいけど、「音楽評論家」がそのCDについて何を言ったかなんて興味がない。「音楽評論家」なんて【知識】があればいいのだ。【知識】の豊富さに対しての「先生」ならわかるが、そのCDを聴いてどう思ったなんて聴いた人の一意見でしかない。
そんなものに対してなんで「権威」なんて与えなきゃいけないのかがいまだにわからない。
その「権威」ある雑誌が、【世界の名指揮者ベストランキング2009】という企画をやっている。上述から僕はレコ芸が何をやっても「音楽評論家」が何を言おうとそれに対して何も言うつもりもないし、言いたくない。
(まぁ、なんか言って金をもらってるのにはいい気はしないが。)

でも、今回は一言いいたい。
同時に、【現代の名指揮者ベストランキング】というのもしているのだが、
、【世界の名指揮者ベストランキング2009】のトップテンには死んだ指揮者ばかりがランクインしていて、「現代の名指揮者」は1人もランクインしていない。
一応30位まで比べたのだけど、「現代の名指揮者」は4人しかランクインしていない。歴代の名指揮者がもうこの世を去っているとはいえ、昔の録音が現代の録音を上回ってるのは少ないし、昔の指揮者の生を聴いたわけではないし(あんた何歳?と言いたい、現代の指揮者の生は聴けるぞ。)、これでは現代の指揮者はなんのためにやっているかかわいそうである。(まぁ、そのためだけにやっているわけではないが。)
読者アンケートの結果も加味しているとはいえ、
【あのころはよかった】的な意見が大半を占めて、ちゃんと反映されているか、はなはだ疑わしい。

まぁ、こいう企画自体は嫌いではないのだが・・・。


チェコ・フィルとブロムシュテッド

  • 2009.11.22 Sunday
  • 22:06

チェコ・フィルの来日公演に行ってきました。
感想は、
http://hccweb6.bai.ne.jp/waiwai/concert2009.htm

チェコ・フィルのプログラムがブラ1。
帰ってきてから聴いたのが、行くまえに届いたブロムシュテッド/skdのブラ1。
今日のN響アワーは、サンティのブラ1。

というわけで、今日はブラ1ずくし。

ヴィルヘルム・ステンハンマル

  • 2009.11.12 Thursday
  • 22:24

スウェーデンの作曲家で、マイナーシンフォニストの1人。
ネーメ・ヤルヴィ/エーテボリ交響楽団(だと思う)のCDを入手したのだけど、交響曲第2番のCDジャケットに、

WARNING

と書いてある。
ケースを開けたらなんか飛びでてくるのか、グロい写真がライナーノーツに使われているのかと思ったら、
そういうわけでもなかった。

一体何が危険なんだろう?

市橋捕まる

  • 2009.11.10 Tuesday
  • 22:48

相変わらず、マスコミの混乱ぶりは健在ですな。
もっと冷静に事態を取材・報道する気はないんだろうか・・・。

「報道ステーション」もなんだかなぁ。
イギリスにまで国際電話して、被害者の親に「いまの気持ち」をきく必要はあるのか?
政治とかいろいろ厳しく批判してるくせに、自分たちの間違いはいつになったらなくなるんだろうか?

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

検索

オススメ

ブルックナー:交響曲全集
ブルックナー:交響曲全集

サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団のブルックナー交響曲全集です。とてもショルティッシモです。

オススメ

羊をめぐる冒険
羊をめぐる冒険

村上春樹初期3部作の最後を締めくくる作品です。【風の音を聞け】【1973年のピンボール】もあわせて読みましょう^^

オススメ

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

村上春樹の最高傑作(と、勝手に思っています)。

オススメ

マイ・ライフ
マイ・ライフ

まだ見ぬ子供を思う癌におかされた父親の話・・・と思ったら、実は主人公も父親と確執を持っていた!涙なしでは語れない感動の映画。

オススメ

玲玲の電影日記
玲玲の電影日記

泣きますよ。泣くけどいかにもMADE IN CHAINAな電影。

オススメ

ライヴ・イン・大阪 1984
ライヴ・イン・大阪 1984

今のベルリン・フィルにこんな演奏ができるだろうか?アンチ・カラヤンの人にも是非見てほしい一枚。

オススメ

オススメ

ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)
ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)

【羊をめぐる冒険】から4年後の世界を描いた物語。とても神秘的でハルキワールド全開。もちろん<下>もお薦め。

オススメ

天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]
天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]

伝統と最新科学の対決。こんなおもしろい映画はひさしぶり。

オススメ

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

よろしくお願いしまあぁぁぁぁぁぁぁぁすッ!!!
その他
リンク

mobile