まいった、落札してやんの^^;

  • 2008.09.29 Monday
  • 20:46

バーンスタイン/混成オケのベルリンの壁崩壊記念の、ベートーヴェン交響曲第9番「合唱」をヤフオクで見つけた。しかも100円!これはGETしなければ!と思いすぐに入札。
100円のところ2000円で入札したら、まずGETできるだろうと、2000円で入札した。
で・・・なんやかんやで値段が2100円に。100円だからということもあって入札したんだけど、実際はいくらするんだろう?と思ってタワレコのサイトで検索かけたら、国内盤を1800円でHIT!
新品を中古よりやすく入手できるんだったら、と思いタワレコに注文したら、最高額入札者が入札キャンセルで僕がふたたび最高額落札者に。ということで、ダブッてしまった。
で、結局1100円で落札してしまった。タワレコで注文しなければよかった^^;

三笠フーズと石破 茂

  • 2008.09.27 Saturday
  • 11:01

三笠フーズの件は、詐欺での立件だとかなんとか言っているけど、
無差別テロなんじゃないかと思うんだけど。

新内閣の農水相に石破茂がなったけど、防衛相のほうが良いんじゃないかと思うんだけど・・・。

JEUGIAオンラインショッピング・サービス終了

  • 2008.09.23 Tuesday
  • 14:18

JEUGIAからメルマガが来た。いつものこと・・・と思ったら、タイトルが「最終号」ってなってある。あれ、今年はもう最後なのかな?と思ったら、メルマガ自体が終わりらしい。
おまけにオンラインショッピング・サービスも終了らしい。
かねてからお知らせしてたらしい。はたと思ってJEUGIAのサイトを見に行ってみたら、店舗一覧から【梅田ハービスエント店】が消えているではないか!
うむ、どうやらJEUGIAは大阪梅田からは撤退したらしい。
まぁ、梅田はタワレコが牛耳ってるから対抗できなかったのだろう。
僕も、JEUGIAのメルマガはほとんど見てなかったし、ネットでCDを注文したこともないし、ハービスエント店は2,3回行っただけだ。
JEUGIAと言えば、昔ブロムシュテット/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管の「巨人」を聴く前に入った三条のJEUGIA本店に行って、CDを買いすぎてチケットを買うお金がなくなってしまったという、大まぬけな失態をしてしまったことを思い出す。
これからは京滋でがんばって行くのだろうか。
是非ともがんばってほしいものである。

麻生太郎、自民党新総裁に!

  • 2008.09.22 Monday
  • 22:03


ここまでワンサイドゲームになるとは思わなかった。

ちなみに僕は自民党員でもなんでもありません。

最後の晩餐

  • 2008.09.21 Sunday
  • 16:54


デアゴスティーニの「世界のミステリー」というやつを定期購読したら、
「最後の晩餐」のジグソーパズルが来た^^
おまけみたいなもんだからしれてるだろうと思っていたら、500ピースのちゃんとしたものだった。フレームは別売りだって^^;
今年の秋はこれですな。

発売元のサイトを見るとほしいものがいっぱい。ふたたびジグソーパズルにはまりそう^^;

マニャールの交響曲

  • 2008.09.20 Saturday
  • 23:54

マイナーシンフォニストの1人。
フランスの作曲家なのに、フランスの音楽というよりむしろドイツ・オーストリアの音楽みたい。
ブルックナーやマーラーがちらほら。
意外だったなぁ。

きょうの料理

  • 2008.09.14 Sunday
  • 11:54

最近、ブリリアント・クラシックスから、いわゆるマイナーシンフォニストの作品が続々発売されている。例えば、アルヴェーンなんかそうだ。バレエ音楽「放蕩息子」は有名だけど(ちなみに僕は聴いたことないです)、マイナーシンフォニストとは交響曲の分野ではマイナーな作曲家のことである。
普段は、ブルックナーとかマーラーの交響曲ばかり聴いているんだけど、それに触発されて、ブリリアントやナクソスから出ている、聴いたことない交響曲を中心にCDをあさっている。
アルヴェーンもそうだし、ベルワルド、グノー、フィビフ、R=コルサコフなんかがそうだ。
グノは♪ア〜ヴェ・マリ〜ア〜では、ちょ〜有名だけど交響曲はあまり知られていないってな感じだ。

で、アルヴェーンは交響曲全集が出てるのでそれを買ったのだけど、その中で「スウェーデン狂詩曲第1番」というのがあって、そのはじまりがなんと、NHKの「きょうの料理」のテーマ曲なのだ!(最近聴いてないので間違ってるかも知れないけど)
「きょうの料理」のテーマを作曲したのはアルヴェーンか?と思ってウィキペディアで検索したら(「きょうの料理」で検索かけたらHITするからすごい!)、作曲は冨田勲らしい。どうなってるかさっぱりわかんないので、知ってる人、情報ください。

もう1つ。
アルヴェーンの交響曲第2番は4楽章あるらしいんだけど、その後ろに「フーガ」なる楽章がある。
なにこれ?
同じく、知ってる人、情報ください。



古館伊知郎

  • 2008.09.12 Friday
  • 22:46

日本では様々な問題、不祥事が多くて報道ステーションも毎日のように伝えている。でも、これらの問題、不祥事っていまはじまったことじゃないはず。報道ステーションの前の報道番組、ニュースステーションの頃から報道してたわけで、でも「日本の未来はお先真っ暗」的な雰囲気はなかった。それが報道ステーションでは「日本の未来はお先真っ暗」的な雰囲気がムンムンとしているではないか。ここに久米宏と古館伊知郎の器の違いが出てると思う。
「〜許せない」とか、「〜見ていかなければならない」とか、「〜追求しなければならない」とか、よっぽど自分は正義感の塊だと思っているらしいが、「我々マスコミも反省しなければいけない」とか言う割りにはマスコミによる不祥事はなくならないし、報道ステーションでも「おわび、訂正」を繰り返しているし、こと自分のことになると、こんなもんである。ちっとも改善されていない。
報道ステーションに出演しているコメンテータには、猫がじゃれつくように懐に入ってこびを売るし、どうにかならないかなぁ。

またマスコミか・・・

  • 2008.09.11 Thursday
  • 21:01

LHCと言うのを知っていますか?
藤崎奈々子と山川恵理香がCMやってるコンビニコスメ・・・それはDHC。
はいはい、おいといて・・・。

LHCというのは、スイスとフランスの国境をまたいで地中奥深くに一周27キロという円形のトンネルを掘って、その中に陽子を光速に近い速度で飛ばして衝突させて、そのエネルギーでもって宇宙創世紀を再現させようとする加速器の一種である。
このLHCを使った実験が成功すると、「物質に質量があるのはなぜか」という僕らには至極当たり前な謎(笑)や、宇宙の2割を占める暗黒物質の謎といった現代物理学の謎が解明される可能性があるとか。
こういう話は大好きなので、とてもワクワクしているのだけど、宇宙創世紀の宇宙を生成する過程で、ブラックホールが出来てしまうかも知れない、そして地球がそのブラックホールに飲み込まれてしまう可能性があるらしい。

↑「Google」がLHCによって生成されたブラックホールに吸い込まれてる様を表した図。

で、その実験は9月10日に行われたのだが、実際は完成したLHCの中を問題なく陽子が飛ぶかどうかの実験をしたのであって、陽子同士の衝突をさせるのはまだ先のことらしい。
ところが、ブラックホールが生成され、地球が飲み込まれる可能性がある、という噂が広がり、しかもそう報道されたのを見て、地球が飲み込まれると思い込んでしまったインドの女の子がショックを受けて自殺してしまったからかわいそう。

当然真実をちゃんと確認せずに、そう思い込んでしまった女の子にも落ち度があったのだろうが、ちゃんと真実を報道しなかったマスコミにも責任はあるのでは?と思う。またマスコミの犠牲になったわけである。
かわいそう・・・。マスコミは猛省して謝罪してほしい。

あなたとは違うんです!

  • 2008.09.07 Sunday
  • 13:10

あなたとは違うんです!Tシャツのほかに、あなたとは違うんです!マグカップなんてものまであるらしい。


麻生太郎のもあるらしい。


麻生太郎Tシャツのほうがかっこいい。
http://clubt.jp/

崖の上のポニョ

  • 2008.09.06 Saturday
  • 23:33

♪「ポ〜ニョポ〜ニョポニョ魚の子〜」を、
♪「ポ〜ニョポ〜ニョポニョ魚のポ〜」と思い込んでて、
最後の「ポ〜」はなんなんだ?って、夜もねむれないくらい考え込んでしまった^^;;

自民党は先見の明がない?

  • 2008.09.05 Friday
  • 21:59

かわいそうな麻生太郎。
総裁選に2回も出て、3回目こそは!と思ったら立候補者がたくさん。麻生包囲網とかも言われて^^;

こんなことなら、安部や福田を選ぶんじゃなくて、麻生にしとけばよかったのに、自民党員はよっぽど見る目がないようだ。
こんなことなら、総裁選なんてやるだけ無駄。

ポスト福田

  • 2008.09.02 Tuesday
  • 22:10

【い】がなったらいいとは思うけど、「この若造がっ!」って言われて苦労しそうだし、【や】や【こ】がなったら世も末だなぁと思う。
【あ】でいいんじゃないの?

大阪センチュリー交響楽団

  • 2008.09.01 Monday
  • 20:29

大阪にはプロオケが4つあって、大阪センチュリー交響楽団はそのうちの1つ。
4つというのは、老舗の大阪フィルハーモニー交響楽団(大フィル)、これまた老舗だけどちょっと影が薄い関西フィルハーモニー管弦楽団(関フィル)、中編成だけど結構上手い大阪センチュリー交響楽団、小〜中編成でちょっと名前がおかしい大阪シンフォニカー交響楽団の4つ。大阪シンフォニカー交響楽団を全部日本語に訳すと、大阪交響楽団交響楽団になる。なんのこっちゃ?
ちなみに京都には、関西では唯一自治体が運営するオケ、京都市交響楽団(京響)、兵庫・西宮には、コアメンバー以外は3年でメンバーが入れ替わるというおそろしい(?)、佐渡裕率いる兵庫県立芸術文化センター付属管弦楽団というのがある。
兵庫・神戸には、大フィルを創設してそれ以来ずっと指揮者だった朝比奈隆の息子、朝比奈千足率いる神戸フィルハーモニックがある・・・が、これはプロだったかな?
で、こないだ、大阪府の橋本徹知事が大阪センチュリー交響楽団のコンサートを見に行ったそうな。橋本知事は在阪オケへの補助金をカットすると言って、文化の切捨てや!と反感を買った。コンサートは満足して帰ったらしいが、補助金カットはまた別の問題と再び名言。
大阪府の赤字削減のためだから仕方ないな、とは思うけど(ちなみに僕は兵庫県民)、あちこち視察して回ってる割には、予算削減対象のオケのコンサートを聴きに行ったことがなかったなんて、びっくり!そうじゃないとは言っているけど、文化の切捨てと言われても仕方ない。
センチュリーは毎年年末の第九を佐渡裕指揮で、シンフォニーホールで2daysやってるんだけどどうなるのかなぁ。定期演奏会の数も減ったりして。まぁ今年の年末は大丈夫なんだろうけど。

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

検索

オススメ

ブルックナー:交響曲全集
ブルックナー:交響曲全集

サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団のブルックナー交響曲全集です。とてもショルティッシモです。

オススメ

羊をめぐる冒険
羊をめぐる冒険

村上春樹初期3部作の最後を締めくくる作品です。【風の音を聞け】【1973年のピンボール】もあわせて読みましょう^^

オススメ

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

村上春樹の最高傑作(と、勝手に思っています)。

オススメ

マイ・ライフ
マイ・ライフ

まだ見ぬ子供を思う癌におかされた父親の話・・・と思ったら、実は主人公も父親と確執を持っていた!涙なしでは語れない感動の映画。

オススメ

玲玲の電影日記
玲玲の電影日記

泣きますよ。泣くけどいかにもMADE IN CHAINAな電影。

オススメ

ライヴ・イン・大阪 1984
ライヴ・イン・大阪 1984

今のベルリン・フィルにこんな演奏ができるだろうか?アンチ・カラヤンの人にも是非見てほしい一枚。

オススメ

オススメ

ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)
ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)

【羊をめぐる冒険】から4年後の世界を描いた物語。とても神秘的でハルキワールド全開。もちろん<下>もお薦め。

オススメ

天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]
天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]

伝統と最新科学の対決。こんなおもしろい映画はひさしぶり。

オススメ

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

よろしくお願いしまあぁぁぁぁぁぁぁぁすッ!!!
その他
リンク

mobile