真空管アンプはじめました

  • 2014.08.28 Thursday
  • 22:16


いままでは、マランツのアンプ[PM-13S1]とSACDプレーヤー[SA-15S1]、そしてB&Wの[CM7]というスピーカーから成るシステムで音楽を聴いていました。特段、音に不満はあるというわけではありませんでしたが、いわゆる【やわらかい音】とか【角のない丸みを帯びた音】を体感したくて真空管アンプの導入を決めました。マランツのアンプを使わなくなったのは、ちょっともったいない気もしますが・・・。

いままで20年以上、クラシックを始めいろんな音楽を聴いて来ましたが、真空管アンプに関しては皆目でした。繰り返しになりますが、いままでのシステムから出る音に不満はなかったのですから、真空管アンプに変えても、あまり変わり映えしなければ変える意味がありません。ある意味冒険です。

いまはエージングの期間です。詳しい人ならご存知でしょうが、エージングとは車の「慣らし運転」にような物です。ただ、慣らし運転は、3000回転を超えて運転してはいけないみたいなのとはないようですので、エージング期間と言ってもいつもと変わりなく音楽を聴いているだけなんですが・・・。
でも、エージングを経ると音が変わると言います。一定期間を経てはじめて力を発揮するというわけです。音そのものが変わるというよりも、場の雰囲気や空気が変わると言ったほがよいのかも知れません。ここのところ、めっきり違いがわからない男になってしまった輩に、音が変わったことを感じられるか、鬼が出るか蛇が出るか、これは見ものでもあります。

↓↓↓【導入した真空管アンプはこれだ!】↓↓↓
http://www.ippinkan.co.jp/airbow/product/purimain_amp/trv88serv.html

Comments

Post a Comment








Go to top of page

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

検索

オススメ

ブルックナー:交響曲全集
ブルックナー:交響曲全集

サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団のブルックナー交響曲全集です。とてもショルティッシモです。

オススメ

羊をめぐる冒険
羊をめぐる冒険

村上春樹初期3部作の最後を締めくくる作品です。【風の音を聞け】【1973年のピンボール】もあわせて読みましょう^^

オススメ

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

村上春樹の最高傑作(と、勝手に思っています)。

オススメ

マイ・ライフ
マイ・ライフ

まだ見ぬ子供を思う癌におかされた父親の話・・・と思ったら、実は主人公も父親と確執を持っていた!涙なしでは語れない感動の映画。

オススメ

玲玲の電影日記
玲玲の電影日記

泣きますよ。泣くけどいかにもMADE IN CHAINAな電影。

オススメ

ライヴ・イン・大阪 1984
ライヴ・イン・大阪 1984

今のベルリン・フィルにこんな演奏ができるだろうか?アンチ・カラヤンの人にも是非見てほしい一枚。

オススメ

オススメ

ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)
ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)

【羊をめぐる冒険】から4年後の世界を描いた物語。とても神秘的でハルキワールド全開。もちろん<下>もお薦め。

オススメ

天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]
天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]

伝統と最新科学の対決。こんなおもしろい映画はひさしぶり。

オススメ

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

よろしくお願いしまあぁぁぁぁぁぁぁぁすッ!!!
その他
リンク

mobile