追悼 アバド

  • 2014.01.21 Tuesday
  • 16:59


アバドが亡くなった!知らなかった。ご冥福をお祈りします。

Comments

なぜアバドが好きなのか?
理由はいろいろあるけれど・・・。

聴衆に音楽を届けて楽しんでもらうためには、
まず、演奏する側の人間が楽しまなければならない。
それは、悲しい音楽を演奏するときでも同じ。

親記事の画像はニューイヤーコンサート1991のDVDのものだが、アバドが笑ってる・・・いや、楽しんでいる。
ドヴォルザークの「新世界より」のジャケットもそうだが、自分が楽しんでいる。

まず、演奏する側の人間が楽しまなければならない。
アバドはそれが出来る人。
なにもジャケットが笑ってるから・・・というだけではない。

アバドの音楽は疾走感がハンパない。
でもテンポが速いだけではない。
あっさりしていると感じても、確実に聴く人の心を掴む。

ごまんといる指揮者の中で、こんな指揮者ほかにいるかなぁ。

ああ、ニューイヤーコンサート、もう一度振ってほしかったなぁ。


  • [わいわい]
  • 2014/01/22 11:01 PM

Post a Comment








Go to top of page

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

検索

オススメ

ブルックナー:交響曲全集
ブルックナー:交響曲全集

サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団のブルックナー交響曲全集です。とてもショルティッシモです。

オススメ

羊をめぐる冒険
羊をめぐる冒険

村上春樹初期3部作の最後を締めくくる作品です。【風の音を聞け】【1973年のピンボール】もあわせて読みましょう^^

オススメ

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

村上春樹の最高傑作(と、勝手に思っています)。

オススメ

マイ・ライフ
マイ・ライフ

まだ見ぬ子供を思う癌におかされた父親の話・・・と思ったら、実は主人公も父親と確執を持っていた!涙なしでは語れない感動の映画。

オススメ

玲玲の電影日記
玲玲の電影日記

泣きますよ。泣くけどいかにもMADE IN CHAINAな電影。

オススメ

ライヴ・イン・大阪 1984
ライヴ・イン・大阪 1984

今のベルリン・フィルにこんな演奏ができるだろうか?アンチ・カラヤンの人にも是非見てほしい一枚。

オススメ

オススメ

ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)
ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)

【羊をめぐる冒険】から4年後の世界を描いた物語。とても神秘的でハルキワールド全開。もちろん<下>もお薦め。

オススメ

天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]
天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]

伝統と最新科学の対決。こんなおもしろい映画はひさしぶり。

オススメ

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

よろしくお願いしまあぁぁぁぁぁぁぁぁすッ!!!
その他
リンク

mobile