僕はヴァントが嫌いです

  • 2011.09.17 Saturday
  • 16:11


日本における三種の神器というと、八咫鏡・八尺瓊勾玉・天叢雲剣のこと。
八咫鏡は天照大御神の分身、八尺瓊勾玉は天岩戸伝説に出てくる勾玉のこと、天叢雲剣はスサノヲノ命が八岐大蛇の尻尾から見つけた剣、のちの草薙剣のこと。天皇が代々継承してきた宝物で、これらを継承されないと天皇には即位できない。

さて、ブルックナーにも三種の神器というのがある。
だれが言い出したのかは知らないが、三大教会ライブ盤と言った方がいいかも。なにかと言えば、
オットー・ボレイン教会での第5番、ヨッフム/コンセルトヘボウ管、
聖フローリアン教会での第7番、朝比奈/大フィル
リューベリック大聖堂での第8・9番、ヴァント/北ドイツ放響(2枚組)
だそうだ。

しかし、教会での演奏のため相当な残響音があり、評価には賛否両論も・・・。
特にヴァント自身はこの第8・9番の録音は好きでないらしい。
残響のせいで、なにをやっているのかわけわからん、と理由から。

しかも、聖フローリアン教会での第7番は第3楽章と第4楽章の間に、聖フローリアン教会の鐘の音が収録されているのが売りなんだけど、実際は、音量が小さくてボリュームを上げないと聞こえない詐欺のようなCDだし。

この際だから、自分で好きでないと言ってるんだから、リューベック大聖堂の演奏をはずして、残響が激しい、パーテルノストロの全集を入れたらいいんじゃないか?
パーテルノストロのが教会でやったやつは知らないけど。

Comments

パーテルノストロの全集が録音された、ヴァインガルデン・バジリカというのは、教会の大聖堂だそうだ。

それならなおさら・・・。

  • [わいわい]
  • 2011/09/20 9:58 PM

Post a Comment








Go to top of page

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

検索

オススメ

ブルックナー:交響曲全集
ブルックナー:交響曲全集

サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団のブルックナー交響曲全集です。とてもショルティッシモです。

オススメ

羊をめぐる冒険
羊をめぐる冒険

村上春樹初期3部作の最後を締めくくる作品です。【風の音を聞け】【1973年のピンボール】もあわせて読みましょう^^

オススメ

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

村上春樹の最高傑作(と、勝手に思っています)。

オススメ

マイ・ライフ
マイ・ライフ

まだ見ぬ子供を思う癌におかされた父親の話・・・と思ったら、実は主人公も父親と確執を持っていた!涙なしでは語れない感動の映画。

オススメ

玲玲の電影日記
玲玲の電影日記

泣きますよ。泣くけどいかにもMADE IN CHAINAな電影。

オススメ

ライヴ・イン・大阪 1984
ライヴ・イン・大阪 1984

今のベルリン・フィルにこんな演奏ができるだろうか?アンチ・カラヤンの人にも是非見てほしい一枚。

オススメ

オススメ

ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)
ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)

【羊をめぐる冒険】から4年後の世界を描いた物語。とても神秘的でハルキワールド全開。もちろん<下>もお薦め。

オススメ

天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]
天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]

伝統と最新科学の対決。こんなおもしろい映画はひさしぶり。

オススメ

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

よろしくお願いしまあぁぁぁぁぁぁぁぁすッ!!!
その他
リンク

mobile