クレツキ/チェコフィルのベト全

  • 2016.07.23 Saturday
  • 16:40


クレツキ/チェコフィルのベト交響曲全集ある。例のごとく、交響曲以外の曲も何曲か入っている。4枚組だが4枚ともSACDシングルレイヤー。それも装丁がいい。クレツキという指揮者は知っていたけど、音楽は聴いたことがなかった。ということで、なんでアンチェルやシェイナじゃないんだ?と思いながらも即買いした。
1番から順に聴こうと思ったが、やはり好きな7番から聴きはじめた。
第1印象は、軽い、薄いだった。僕のお気に入りは、SKD/ケンペのリハーサルのものだけど(なんでフルのものが市販されていないのかわからないけど)、冒頭の「ジャン」というのが全然ちがうのだ。たしかにSKDのは、縦の線が完璧ではないにしろ、音は重厚でいかにもベートーヴェンてな感じで、その響きが出てくるものだろうと思ったら、どうにもこうにも・・・。
そこで、他の曲も聴いてみたのだけど、全体的に響きが軽い、薄いのだった。例えばエロイカ。冒頭の「ジャン」、「ジャン」が一切のタメもなかった。全体的にテンポも速いし。そう、低音が足りないのです。全く足りない。
ベートーヴェンの交響曲の版についてはまったく明るくないが、何年か前にジンマンの全集を出したけど、あの時に使ったベーゼンライター版?みたいな感じ(ぶっちゃけた話が、それもよく聴いてないので、ジンマンのが軽いのかどうかもわからないんだけど。)。
ベートーヴェンの交響曲の中でも、最も規模が小さい8番の、冒頭部分も、いくら最も規模が小さいといっても、もうちょっと・・・なんか、こう・・・なんかやりようがあるだろう・・・あれじゃ何も考えずにただ足早に通り過ぎてるだけなような感じで・・・。
要するに、いただけないのです。どの曲もいただけない(あっ、まだ田園は聴いてないけど。)
いただけない、いただけない。
せっかくでDSDマスタリングでシングルレイヤーで、装丁もいのに、どうしてどうしてアンチェルやシェイナじゃないんだ?と思ってしまいます。
全くお薦めしません。

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

検索

オススメ

ブルックナー:交響曲全集
ブルックナー:交響曲全集

サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団のブルックナー交響曲全集です。とてもショルティッシモです。

オススメ

羊をめぐる冒険
羊をめぐる冒険

村上春樹初期3部作の最後を締めくくる作品です。【風の音を聞け】【1973年のピンボール】もあわせて読みましょう^^

オススメ

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

村上春樹の最高傑作(と、勝手に思っています)。

オススメ

マイ・ライフ
マイ・ライフ

まだ見ぬ子供を思う癌におかされた父親の話・・・と思ったら、実は主人公も父親と確執を持っていた!涙なしでは語れない感動の映画。

オススメ

玲玲の電影日記
玲玲の電影日記

泣きますよ。泣くけどいかにもMADE IN CHAINAな電影。

オススメ

ライヴ・イン・大阪 1984
ライヴ・イン・大阪 1984

今のベルリン・フィルにこんな演奏ができるだろうか?アンチ・カラヤンの人にも是非見てほしい一枚。

オススメ

オススメ

ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)
ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)

【羊をめぐる冒険】から4年後の世界を描いた物語。とても神秘的でハルキワールド全開。もちろん<下>もお薦め。

オススメ

天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]
天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]

伝統と最新科学の対決。こんなおもしろい映画はひさしぶり。

オススメ

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

よろしくお願いしまあぁぁぁぁぁぁぁぁすッ!!!
その他
リンク

mobile