サンプラーCD

  • 2015.09.22 Tuesday
  • 11:53


たまにオーディオアクセサリーの類の雑誌を買うのだが、サンプラーCDが付録でついてくることがある。
今回のサンプラーCDは飯森範親/山形交響楽団。
このコンビはブルックナーの交響曲をコンスタントに録音しているのだが、よっぽど触手が伸びない限り、僕が日本のオケのCDを買うことは少ない。
やはり頭のどこかに、日本のオケのCDを買う金があったら、外国のオケのCDを買うと言うのがあって、外国のオケ>日本のオケと言う構図が出来てる。
ということもあり、所有しているCDを見ても圧倒的に外国のオケが多い。

ましてや、失礼だが、山形というと「田舎」という印象があって、さくらんぼと将棋のコマしか浮かばない。ということで、山形交響楽団のCDは今後も買わないだろうと思っていたのだが、このサンプラーCDを聴いてびっくりした。

このCDには、モーツァルトの交響曲の24番、22番、30番の各一部と、ブルックナーの交響曲の5番の一部だが、実際にびっくりしたのは、ブルックナーではなくてモーツァルトのほうだった。
まぁ、製作がオクタヴィアレコ−ドでSACDだからある程度は音はいいんだけど、それにしても「いい音」してるのである。ブルックナーのほうは、市販しているものの抜粋だから市販のものを買ってもある程度は期待できる。
ということで4番を早速注文してしまった。衝動買いも甚だしい。
よければほかの番号の交響曲も買うことになるのだろう。
山形交響楽団おそるべしである。

※この手の話になると、いつも、日本のオケいい演奏をいっぱいしているんだから、外国のオケばっかり聴いてないで、もっと聴かなきゃと思うのであるが、なかなかそうはなっていない。
ブランド志向の塊なのである^^;

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

検索

オススメ

ブルックナー:交響曲全集
ブルックナー:交響曲全集

サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団のブルックナー交響曲全集です。とてもショルティッシモです。

オススメ

羊をめぐる冒険
羊をめぐる冒険

村上春樹初期3部作の最後を締めくくる作品です。【風の音を聞け】【1973年のピンボール】もあわせて読みましょう^^

オススメ

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

村上春樹の最高傑作(と、勝手に思っています)。

オススメ

マイ・ライフ
マイ・ライフ

まだ見ぬ子供を思う癌におかされた父親の話・・・と思ったら、実は主人公も父親と確執を持っていた!涙なしでは語れない感動の映画。

オススメ

玲玲の電影日記
玲玲の電影日記

泣きますよ。泣くけどいかにもMADE IN CHAINAな電影。

オススメ

ライヴ・イン・大阪 1984
ライヴ・イン・大阪 1984

今のベルリン・フィルにこんな演奏ができるだろうか?アンチ・カラヤンの人にも是非見てほしい一枚。

オススメ

オススメ

ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)
ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)

【羊をめぐる冒険】から4年後の世界を描いた物語。とても神秘的でハルキワールド全開。もちろん<下>もお薦め。

オススメ

天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]
天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]

伝統と最新科学の対決。こんなおもしろい映画はひさしぶり。

オススメ

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

よろしくお願いしまあぁぁぁぁぁぁぁぁすッ!!!
その他
リンク

mobile