増殖するブランデンブルグ協奏曲(全曲)

  • 2015.07.05 Sunday
  • 16:32


以前、ブラームス交響曲全集は増殖しやすい、とここで書いたことがある。
ブラームスは交響曲を4つしか書いてないし、それゆえ比較的安価で入手できる。おまけにブラームスの曲はクオリティがいいのである。

クラシック音楽愛好家の楽しみの1つ(いや、それがメインだと思うが)、同じ曲を集めて、それを指揮者、演奏団体、録音年代等々で聴き比べをするというのがある。僕もクラシック音楽の楽しみ方として、同じ曲で演奏家が違うのをいくつか所有している。

そんな中の1つが、バッハの「ブランデンブルグ協奏曲」だ。
第1番〜第6番まであって、それぞれ2〜3曲から成り立っている。

モダン楽器より、その当時使われていたピリオド楽器を用いて演奏している方が好きだ。

長い間、クイケン/ラ・プティット・バンド(旧盤)を刷り込みで聴いていたのだが、違う演奏のやつも聴いてみようと思って、エガー指揮のやつを聴いてびっくり。第1番の第1楽章でホルンが相当あばれているのだ(ま、エガーのはやりすぎだとは思うが)。で、先日ここでも書いたけど、なんちゅう下品な音楽!とやってしまったのだ。
ところがホルンがあばれている演奏の方が多く、クイケン(旧盤)のようにホルンが控えめな演奏の方が少ない。

で、聴いてたらホルンがあばれている演奏を聴いてたら、そっちの方がいい。
クイケンが再録音したのだが、そっちではホルンがあばれている(どういうこちゃ)。
いろいろ聴いて、ホルンが適度にあばれていて、「華」のある演奏は、アルフィーフから出てた、ラインハルチ・ゲーベル/ムジカ・アンティクヮ・ケルンのものがいいかな。それにしても、なんでこのジャケットクレジットが左によってるんだろう?

クラシック音楽を趣味にすると金がかかります。

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

検索

オススメ

ブルックナー:交響曲全集
ブルックナー:交響曲全集

サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団のブルックナー交響曲全集です。とてもショルティッシモです。

オススメ

羊をめぐる冒険
羊をめぐる冒険

村上春樹初期3部作の最後を締めくくる作品です。【風の音を聞け】【1973年のピンボール】もあわせて読みましょう^^

オススメ

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

村上春樹の最高傑作(と、勝手に思っています)。

オススメ

マイ・ライフ
マイ・ライフ

まだ見ぬ子供を思う癌におかされた父親の話・・・と思ったら、実は主人公も父親と確執を持っていた!涙なしでは語れない感動の映画。

オススメ

玲玲の電影日記
玲玲の電影日記

泣きますよ。泣くけどいかにもMADE IN CHAINAな電影。

オススメ

ライヴ・イン・大阪 1984
ライヴ・イン・大阪 1984

今のベルリン・フィルにこんな演奏ができるだろうか?アンチ・カラヤンの人にも是非見てほしい一枚。

オススメ

オススメ

ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)
ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)

【羊をめぐる冒険】から4年後の世界を描いた物語。とても神秘的でハルキワールド全開。もちろん<下>もお薦め。

オススメ

天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]
天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]

伝統と最新科学の対決。こんなおもしろい映画はひさしぶり。

オススメ

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

よろしくお願いしまあぁぁぁぁぁぁぁぁすッ!!!
その他
リンク

mobile