イスラエル・フィル

  • 2013.07.23 Tuesday
  • 18:26


レコード芸術という雑誌がある。クラシック音楽愛好家の中では、
良くも悪くも有名な雑誌である。要はクラシック音楽の雑誌である。ちなみに月刊誌。
で、そのレコード芸術の目玉企画に、【クラシック音楽名盤300】やそれに似たような特集を打つことがある。
非常に不毛な企画である。
なにが不毛なのかと言うと、レコード芸術執筆者の先生方、いわゆる【クラシック音楽評論家】と呼ばれる人物が何人かいて、【名盤】を選出してランク(順位付)を付けていこうという企画である。
どの演奏がいいかは自分で決めることであって、音楽評論家が(独断ではないにしろ)お墨付きを与えたものが一番いいとは断じて限らない。

ちなみに、指揮者で例をあげるとカラヤン。
ネットでも、カラヤンの名前があがると大抵は、カラヤン擁護派vsアンチカラヤン派の間でけんかになる。最後には感情むき出しになって、誹謗・中傷の嵐になってしまうことも多々ある。
けど、たとえ10人中9人がカラヤンはだめだと言っても、その人がカラヤン最高と思えばその人にとってはカラヤンは最高なのである。読み物としてはおもしろいんだけど。

今月号のレコード芸術は【名演奏家ランキング&名盤選:オーケストラ編】である。どのオケがいいかは評論家の自由だから、読み物としてはおもしろくても、いちいちこのオケのほうがいいに決まってんだろ!みたいな細かいことは言わない。
けど、今月号にだけは言いたい。
イスラエル・フィルの名前がないじゃないか!
61ものオケ中、イスラエル・フィルの名前がないのである。
これは単にイスラエル・フィルが好きだからごねているのではない。
あの、天下(笑)のイスラエル・フィルである。
世界で有名なオケは?というと、大抵上位に入ってくるオケだ。
そのオケが、オーケストラが61もある中で、入ってきていないのだ。
これってなんかおかしいと思うんだけどなぁ。

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

検索

オススメ

ブルックナー:交響曲全集
ブルックナー:交響曲全集

サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団のブルックナー交響曲全集です。とてもショルティッシモです。

オススメ

羊をめぐる冒険
羊をめぐる冒険

村上春樹初期3部作の最後を締めくくる作品です。【風の音を聞け】【1973年のピンボール】もあわせて読みましょう^^

オススメ

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

村上春樹の最高傑作(と、勝手に思っています)。

オススメ

マイ・ライフ
マイ・ライフ

まだ見ぬ子供を思う癌におかされた父親の話・・・と思ったら、実は主人公も父親と確執を持っていた!涙なしでは語れない感動の映画。

オススメ

玲玲の電影日記
玲玲の電影日記

泣きますよ。泣くけどいかにもMADE IN CHAINAな電影。

オススメ

ライヴ・イン・大阪 1984
ライヴ・イン・大阪 1984

今のベルリン・フィルにこんな演奏ができるだろうか?アンチ・カラヤンの人にも是非見てほしい一枚。

オススメ

オススメ

ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)
ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)

【羊をめぐる冒険】から4年後の世界を描いた物語。とても神秘的でハルキワールド全開。もちろん<下>もお薦め。

オススメ

天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]
天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]

伝統と最新科学の対決。こんなおもしろい映画はひさしぶり。

オススメ

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

よろしくお願いしまあぁぁぁぁぁぁぁぁすッ!!!
その他
リンク

mobile