コースヴェット版

  • 2013.05.11 Saturday
  • 20:12

ウェルザー=メスト/クリーヴランド管のブル4のブルーレイディスクが昨日(5/10)に届いた。

なんとコースヴェット版だったのだ。

従来、ブル4は第2稿までだったのだが、ブルックナーの弟子のレーヴェがより演奏効果を上げるために同楽譜を修正した。まぁ、よかれと思ってやったことだが、ブルックナーが了承していない等の理由から、「改竄版」とされてきた。
しかし、アメリカの音楽学者ベンジャミン・コースヴェットの近年の研究からブルックナーも了承していたのでは?ということになり「改竄版」をベースに校訂し、「第3稿(コースヴェット版)」に、格上げされた。

このコースヴェット版での演奏はまだ少なく、音盤では内藤彰/東京ニューシティ管とヴァンスカ/ミネソタ管の2種類しかない(たぶん)。だからコースヴェット版の演奏が映像で見られるというのは、今の時点では【貴重】ということになる。
コースヴェット盤なんて言っても大して変りないんだろうなぁと思っていたので、内藤盤もヴァンスカ盤も未聴。

レーヴェがどこをどう手を加えたのかと言えば、演奏効果を高めるために(やや難解だったブルックナーの音楽を聴衆に受け入れられるため)、アコーギクやディナーミクの多用があげられると思う。なんでこんなところにブルックナー休止があるんだ?なんで箇所もあった。
「改竄版」をベースにしているということだが、悪くない。まぁ【良い】というよりは【驚き】のほうが多いということなんだけど、オケのまろやかな丸い音も相まって、これはこれで十分楽しめると思う。

音もそうだけど、映像のほうもきれい。聖フローリアン教会でのライヴ映像なんだけど、教会の装飾等がすごくきれいで、「あぁ〜、DVDじゃなくてブルーレイにしておいてよかった」と思ってしまった。

内藤盤やヴァンスカ盤も聴いてみたくなってしまった。

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

検索

オススメ

ブルックナー:交響曲全集
ブルックナー:交響曲全集

サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団のブルックナー交響曲全集です。とてもショルティッシモです。

オススメ

羊をめぐる冒険
羊をめぐる冒険

村上春樹初期3部作の最後を締めくくる作品です。【風の音を聞け】【1973年のピンボール】もあわせて読みましょう^^

オススメ

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

村上春樹の最高傑作(と、勝手に思っています)。

オススメ

マイ・ライフ
マイ・ライフ

まだ見ぬ子供を思う癌におかされた父親の話・・・と思ったら、実は主人公も父親と確執を持っていた!涙なしでは語れない感動の映画。

オススメ

玲玲の電影日記
玲玲の電影日記

泣きますよ。泣くけどいかにもMADE IN CHAINAな電影。

オススメ

ライヴ・イン・大阪 1984
ライヴ・イン・大阪 1984

今のベルリン・フィルにこんな演奏ができるだろうか?アンチ・カラヤンの人にも是非見てほしい一枚。

オススメ

オススメ

ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)
ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)

【羊をめぐる冒険】から4年後の世界を描いた物語。とても神秘的でハルキワールド全開。もちろん<下>もお薦め。

オススメ

天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]
天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]

伝統と最新科学の対決。こんなおもしろい映画はひさしぶり。

オススメ

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

よろしくお願いしまあぁぁぁぁぁぁぁぁすッ!!!
その他
リンク

mobile