大阪センチュリー交響楽団

  • 2008.09.01 Monday
  • 20:29

大阪にはプロオケが4つあって、大阪センチュリー交響楽団はそのうちの1つ。
4つというのは、老舗の大阪フィルハーモニー交響楽団(大フィル)、これまた老舗だけどちょっと影が薄い関西フィルハーモニー管弦楽団(関フィル)、中編成だけど結構上手い大阪センチュリー交響楽団、小〜中編成でちょっと名前がおかしい大阪シンフォニカー交響楽団の4つ。大阪シンフォニカー交響楽団を全部日本語に訳すと、大阪交響楽団交響楽団になる。なんのこっちゃ?
ちなみに京都には、関西では唯一自治体が運営するオケ、京都市交響楽団(京響)、兵庫・西宮には、コアメンバー以外は3年でメンバーが入れ替わるというおそろしい(?)、佐渡裕率いる兵庫県立芸術文化センター付属管弦楽団というのがある。
兵庫・神戸には、大フィルを創設してそれ以来ずっと指揮者だった朝比奈隆の息子、朝比奈千足率いる神戸フィルハーモニックがある・・・が、これはプロだったかな?
で、こないだ、大阪府の橋本徹知事が大阪センチュリー交響楽団のコンサートを見に行ったそうな。橋本知事は在阪オケへの補助金をカットすると言って、文化の切捨てや!と反感を買った。コンサートは満足して帰ったらしいが、補助金カットはまた別の問題と再び名言。
大阪府の赤字削減のためだから仕方ないな、とは思うけど(ちなみに僕は兵庫県民)、あちこち視察して回ってる割には、予算削減対象のオケのコンサートを聴きに行ったことがなかったなんて、びっくり!そうじゃないとは言っているけど、文化の切捨てと言われても仕方ない。
センチュリーは毎年年末の第九を佐渡裕指揮で、シンフォニーホールで2daysやってるんだけどどうなるのかなぁ。定期演奏会の数も減ったりして。まぁ今年の年末は大丈夫なんだろうけど。

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

検索

オススメ

ブルックナー:交響曲全集
ブルックナー:交響曲全集

サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団のブルックナー交響曲全集です。とてもショルティッシモです。

オススメ

羊をめぐる冒険
羊をめぐる冒険

村上春樹初期3部作の最後を締めくくる作品です。【風の音を聞け】【1973年のピンボール】もあわせて読みましょう^^

オススメ

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

村上春樹の最高傑作(と、勝手に思っています)。

オススメ

マイ・ライフ
マイ・ライフ

まだ見ぬ子供を思う癌におかされた父親の話・・・と思ったら、実は主人公も父親と確執を持っていた!涙なしでは語れない感動の映画。

オススメ

玲玲の電影日記
玲玲の電影日記

泣きますよ。泣くけどいかにもMADE IN CHAINAな電影。

オススメ

ライヴ・イン・大阪 1984
ライヴ・イン・大阪 1984

今のベルリン・フィルにこんな演奏ができるだろうか?アンチ・カラヤンの人にも是非見てほしい一枚。

オススメ

オススメ

ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)
ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)

【羊をめぐる冒険】から4年後の世界を描いた物語。とても神秘的でハルキワールド全開。もちろん<下>もお薦め。

オススメ

天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]
天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]

伝統と最新科学の対決。こんなおもしろい映画はひさしぶり。

オススメ

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

よろしくお願いしまあぁぁぁぁぁぁぁぁすッ!!!
その他
リンク

mobile