音楽の趣味

  • 2007.06.10 Sunday
  • 12:29

タワレコに行ったらルーセルの交響曲のCDがあった。エッシェンバッハ/フランス国立管のやつ。
特にルーセルが聴きたいと思っていたわけではないけど買ってしまった。
最近多くなってきた、ネット通販ではできない買い方。店頭に足を運んで直にCDをあさることが少なくなると、こういう面白みが少なくなってくる。

もう1枚は「牧神の午後への前奏曲」。
これも普通なら買わない曲。特にフランスの音楽はちょっと苦手。よく印象派とか言われるようだけど、「ゆれ系」(僕が勝手に言っているだけ)の音楽は苦手。だっていつ終ったかわからないんだもん(笑)。

「牧神」を買ったのは、フランス・リヨン国立管/準メルクルのチケットを買って、そのトッププログラムだから、聴いておこう思ったから。
「牧神」は結構有名な曲なんだけど、「有名だから聴いたらわかる」し、「ゆれ系音楽」だから聴かなかったのだ。
「主よ人の望みの喜びを」状態である。
で、聴いたら、聴いたこともない曲だった(笑)。

フランス・リヨン国立管の演奏会、準メルクルと言えども、これも普通なら行くことのない部類に入る演奏会。
ローマ聖チェチェーリア管の演奏会も行く。指揮者はアントニオ・パッパーノ。誰やねん!(笑)。このメインプロは「巨人」。「巨人」とは言えども、これも普通なら行くことのない部類に入る演奏会。

最近音楽の趣味がちょっと変わってきたのかなぁ?

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

検索

オススメ

ブルックナー:交響曲全集
ブルックナー:交響曲全集

サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団のブルックナー交響曲全集です。とてもショルティッシモです。

オススメ

羊をめぐる冒険
羊をめぐる冒険

村上春樹初期3部作の最後を締めくくる作品です。【風の音を聞け】【1973年のピンボール】もあわせて読みましょう^^

オススメ

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

村上春樹の最高傑作(と、勝手に思っています)。

オススメ

マイ・ライフ
マイ・ライフ

まだ見ぬ子供を思う癌におかされた父親の話・・・と思ったら、実は主人公も父親と確執を持っていた!涙なしでは語れない感動の映画。

オススメ

玲玲の電影日記
玲玲の電影日記

泣きますよ。泣くけどいかにもMADE IN CHAINAな電影。

オススメ

ライヴ・イン・大阪 1984
ライヴ・イン・大阪 1984

今のベルリン・フィルにこんな演奏ができるだろうか?アンチ・カラヤンの人にも是非見てほしい一枚。

オススメ

オススメ

ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)
ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)

【羊をめぐる冒険】から4年後の世界を描いた物語。とても神秘的でハルキワールド全開。もちろん<下>もお薦め。

オススメ

天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]
天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]

伝統と最新科学の対決。こんなおもしろい映画はひさしぶり。

オススメ

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

よろしくお願いしまあぁぁぁぁぁぁぁぁすッ!!!
その他
リンク

mobile