さらば鈴鹿

  • 2006.10.09 Monday
  • 13:09

昨日(8日)、F1日本グランプリが開催された。
今期で引退を表明している、皇帝ミハイル・シューマッハがまさかのマシントラブルで無念のリタイア。同ポイントのアロンソが優勝して、鈴鹿でのチャンピオン決定はなかった。

鈴鹿サーキットでのF1開催は20年目を迎える今年が最後。来期からは富士スピードウェイで開催されます。
そういえば僕も1回だけだが、F1を見に鈴鹿へ行ったことがある。いまから十何年も前のこと。まだマンセルがいたころ。連れの車で行くつもりだったけど、連れが住む寮の入り口の側溝の蓋がちゃんとはまってなくて、その上を通過した弾みで蓋が跳ね上がって連れの車のガソリンタンクに穴が開いて、急遽レンタカーを借りて鈴鹿に行ったのを思い出す。大声で「たばこ吸うな!」って叫んだこともあったなぁ。

F1と言えば、セナが有名だけど、マクラーレンにいたときに同じチームのベルガーと1・2・フィニッシュをしたんだけど、成績が振るわなかった同じチームのベルガーに1位を譲ってフィニッシュしたときは涙が止まらなかった。あれも鈴鹿だったと思う。

鈴鹿が20年のF1レースに幕を閉じる。なんか感慨深いなぁ。

ちなみに、僕は鈴木亜久里が嫌い。今期はスーパーアグリとしてF1に参加してるけど大したことはないだろう。ってか日本のチームの代表が亜久里であるということに腹が立つ。
鈴木亜久里は日本人ドライバー唯一、F1の表彰台に上がった選手ということで、調子に乗っているのか知らないけど、しゃべりすぎ。
その点、片山右京を見ろ。自分のせいでなくてリタイアしたときも自分のせいみたいな謙虚な姿勢だった。ただしインタヴューを受けていたときは目が点になって泳いでいたけど(笑)。

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

検索

オススメ

ブルックナー:交響曲全集
ブルックナー:交響曲全集

サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団のブルックナー交響曲全集です。とてもショルティッシモです。

オススメ

羊をめぐる冒険
羊をめぐる冒険

村上春樹初期3部作の最後を締めくくる作品です。【風の音を聞け】【1973年のピンボール】もあわせて読みましょう^^

オススメ

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

村上春樹の最高傑作(と、勝手に思っています)。

オススメ

マイ・ライフ
マイ・ライフ

まだ見ぬ子供を思う癌におかされた父親の話・・・と思ったら、実は主人公も父親と確執を持っていた!涙なしでは語れない感動の映画。

オススメ

玲玲の電影日記
玲玲の電影日記

泣きますよ。泣くけどいかにもMADE IN CHAINAな電影。

オススメ

ライヴ・イン・大阪 1984
ライヴ・イン・大阪 1984

今のベルリン・フィルにこんな演奏ができるだろうか?アンチ・カラヤンの人にも是非見てほしい一枚。

オススメ

オススメ

ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)
ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)

【羊をめぐる冒険】から4年後の世界を描いた物語。とても神秘的でハルキワールド全開。もちろん<下>もお薦め。

オススメ

天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]
天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]

伝統と最新科学の対決。こんなおもしろい映画はひさしぶり。

オススメ

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

よろしくお願いしまあぁぁぁぁぁぁぁぁすッ!!!
その他
リンク

mobile