ショスタコーヴィチ

  • 2019.12.29 Sunday
  • 19:59


先日、マリス・ヤンソンスが急逝したのはこのブログでも紹介した。もともと心臓病に悩まされていたらしいが、僕は知らなかったので「急逝」と一緒である。まさに、青天の霹靂、寝耳に水である。
とくに好きだったというわけではないけど、それでもクラシック音楽界に君臨するトップクラスの指揮者が急逝してたいそうびっくりした。

皮肉なことに、急逝したヤンソンスつながりで、最近はショスタコーヴィチの交響曲ばっかり聴いている。といっても5番「革命」、7番「レニングラード」、10番だけだけど。特に好きな箇所は「革命」は4楽章全部と、「レニングラード」の2楽章の2つ目の旋律、4楽章ラストで1楽章の主題が甦るところなんかは、鳥肌が立つ。「革命」の4楽章は吹奏楽でやったこともあるし、関西ローカルの刑事ドラマ「部長刑事」(古い!)のオープニングテーマで知っていたけど、5,7,10番以外の交響曲はまだ受け入れられるには相当な時間を有するであろう。

またCDや行けるコンサートが増えるもとになる作曲家が増えてしまった^^ゞ

追悼 マリス・ヤンソンス

  • 2019.12.04 Wednesday
  • 21:03


もういろんなblog等で追悼されているけど、クラシック音楽界の「巨匠」マリス・ヤンソンスが亡くなった。76歳だった。ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、バイエルン放送交響楽団など、世界のトップレベルの楽団の指揮者を兼任していた。
また、過去にはレニングラード・フィルやオスロ・フィル等も指揮していたし、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートも数回指揮したこともある世界的にも有名指揮者。カリスマと言ってもいいと思う。
大変残念です。

ご冥福をお祈りいたします。

斉藤由貴

  • 2018.05.30 Wednesday
  • 15:45



お昼のワイドショーは見るのにうんざりだったので、教育TVの高校講座を見てたら(なんでやねん、音楽聴かんかい!)、斉藤由貴が出てた(笑)。

いまさらだけど・・・

  • 2016.10.24 Monday
  • 21:22


唸り声うるさい!

ジョージ・マーティン死去

  • 2016.03.09 Wednesday
  • 22:14


心から、心から感謝し、そしてご冥福をお祈り申し上げます。

デヴィッド・ボウイ死去!

  • 2016.01.11 Monday
  • 16:52


早すぎる、早すぎる!
ご冥福を心からお祈り申し上げます。

村上春樹

  • 2014.10.09 Thursday
  • 23:09


村上春樹が今年もノーベル文学賞を逃した。
とかなんとかメディアは言ってるけど、それって失礼じゃないか?
なにもノーベル賞を狙って本を書いてるわけでもないのに。
それがむかつくんだよなぁ。
勝手に最有力だとか言ってもちあげておいて、
やれやれってそれはないでしょ?

失礼極まりない。


個人的には、「羊をめぐる冒険」、「ハードボイルド・・・」、
「色彩を持たない多崎つくると・・・」が好き。
一番村上春樹らしさが出ているのは「スプートニクの恋人」かな。
実は「ノルウェイの森」と「1Q84」はあまりピンと来ない。
短編もいいよ〜。

古館伊知郎が「色彩を持たない多崎つくると・・・」をもじって村上春樹のことを言ってたけど、
あいつはバカか?

というわけで、ノーベル賞が取れなくても関係なく読んでいくのには変わりがない。

さらば!!マゼール

  • 2014.07.14 Monday
  • 20:58


ロリン・マゼールが亡くなった。
天才マゼールが亡くなった。
その昔、田崎真珠のCMに出てたので、
カラヤンほどではないにしろ、知っている人も多いと思う。

僕はアバドが好きだった。
でも、正直言うとアバドが亡くなったときよりもびっくりした。
アバドは大病もしたけど、マゼールは(僕が知る限り)病気とか
そんなものとは無縁だと思っていた。
見る限り、いつもパワフルで、迷いのない堂々とした指揮振りだった。
ある意味、カリスマ性を兼ね備えた指揮者だった。
(ちょっとこわもてだったしね。)

ほんとうに、えっ!という感じだ。

マゼールは曲のデフォルメもすごく、
おもしろくて、共感できるところもあったが、できないところもあった。
目からうろこな所もあったが、いくらなんでもそれはやりすぎじゃないか?
と言う所もあった。

しかし、いまはただただご冥福を祈るばかりである。

さらばマゼール!!

明雄さん

  • 2014.06.06 Friday
  • 22:53

TOKIOの「ザ!鉄腕!DASH!!」の「Dash村」で農業指導をしていた三瓶明雄さんが亡くなったとのこと。めちゃくちゃ残念です。こころからご冥福をお祈り申し上げます。
浪江町に戻りたかったろうなぁ。

追悼 アバド

  • 2014.01.21 Tuesday
  • 16:59


アバドが亡くなった!知らなかった。ご冥福をお祈りします。

CSがなんやねん!

  • 2013.10.13 Sunday
  • 17:30


桧山の現役最後の打席に変えられるもんがあるか?

ダニエル・ハーディング

  • 2013.09.17 Tuesday
  • 21:34


あれ?9/25のドゥダメル/ミラノ・スカラ座管って、
もともとはハーディングだったの?
ハーディングの方がよかった。

ハーディングを30発ぐらい殴ったら、西川忠志になる^^ゞ

こんなのが本あった!

  • 2011.12.06 Tuesday
  • 23:35

「小澤征爾さんと、音楽について話をする」著:村上春樹

まだ読んでないけど楽しみ〜^^

地元密着?

  • 2011.12.04 Sunday
  • 15:46

2003年に、朝比奈隆の後をうけ、鳴り物入りで大阪フィルの音楽監督になった大植英次。朝比奈隆の後任が大植英次という人事は、本当に驚愕した出来事だった

今季でその任期が終わります。来季の音楽監督はだれでしょう。
まだ決まってないとのこと。えっ!この時期になってもまだ決まってないの?
それはいかがなものか。公表していないだけかも知らないけど、
この時期になっても次期音楽監督が公表されていないのはちょっと・・・^^ゞ

まぁそれは置いといて、

大植英次が大阪フィルの音楽監督に就任して8年経つけど一体何がかわったのか。
大阪フィルを育成すると言うよりも、大阪におけるクラシック音楽の普及(啓蒙・啓発)に勉めたということなのかな。
(もう何十年も大阪フィルはあるし、大阪にはあと3つもオーケストラがあると言うのに、まだ普及か!とも思うけど。)
たとえば、「大阪クラシック」だったり、在阪球団の阪神や近鉄の始球式をしたり。
しかし、いろんなイベントを開催したときは盛り上がっていたけれど、大阪でクラシック音楽が普及したとは、あまり思えない。
そこは、兵庫県立芸術文化センター附属管弦楽団の音楽監督で、同じくレナード・バーンスタインの弟子である、佐渡裕のほうに軍配があがるだろう。(言っておくが、僕は佐渡ラーではないし、あまり好きではない。)

いまいちと感じる理由をいくつか例をあげると、

・僕は大阪府民ではなく兵庫県民であること。
・大阪フィルの定期演奏会での出演が少なかったこと。
(これには反論もあろうが、年末恒例行事となった、「第九シンフォニーの夕べ」を振る回数が少ないのは確か。「これを聴かないと年が終わった気がしない」と思う人もいるほどの一大年中行事なのに、これを振らずしてどうする。地元密着というのにはほど遠い。大植英次は、以前エリー響の音楽監督し、またエリー大学で教授をしてたときがあるけど、そのエリーでは大植英次の誕生日は休日になっているそうだ。)
・大阪フィルの本拠地とも言える、フェスティバルホールの改修工事。(その間、ザ・シンフォニーホールに移ったんだけど、「音」的にはそのほうがよかったんだけど。)
・あの朝比奈隆の後任だから、ちょっとやそっとじゃ朝比奈隆を超える存在にはなれない。(しかし、朝比奈隆/大阪フィルのブルックナーはいまいちだと思う。)

大植英次の大阪フィルの就任披露定期演奏会(マーラー「復活」)には僕も行ったけど、その時の期待感に胸を躍らせたことを思えば、ちょっと残念である。

まぁ、言うほど大阪フィルの定期に行ってないんだけどね^^ゞ

児玉清逝去

  • 2011.05.17 Tuesday
  • 20:52

まじでショックです。

ご冥福をお祈りします。

ジョンの命日

  • 2010.12.07 Tuesday
  • 20:45

またこの日がやってきました。
12/8はジョン・レノンの命日です。
Happy X'mas JOHN!!

マイコ

  • 2010.11.27 Saturday
  • 21:58

スペースバトルシップ「ヤマト」に出演してるマイコ。
モデルだそうだ。
なんか見たことあるなぁ、と思ったらCHOYAの「さらりとした梅酒」のCMで、
ストレッチしてイタタとか言ってる女の子ではないか。


しかも「ヤマト」での役柄は相原。
ん?相原って男だぞ?と思って調べたら、スペースバトルシップ「ヤマト」では、女性の設定らしい。
二重にびっくり。

せんと君来る

  • 2010.08.10 Tuesday
  • 21:50

職場のイベントにせんと君が来ました。
ちゃんと仕事してました(笑)。


Happy Xmas John

  • 2009.12.08 Tuesday
  • 18:55

年の初めはさだまさし

  • 2009.01.02 Friday
  • 14:50

録画しておいた、1月1日0:25からの

「年の始めはさだまさし」(生放送)

を見た。

笑いの中にも涙ありっちゅうか、心がほっとしました。

さすが、まっさん!

http://www.nhk.or.jp/masashi/


神出鬼没のゲリラ放送、次は2月14日の深夜にやるそうです。


麻生太郎、自民党新総裁に!

  • 2008.09.22 Monday
  • 22:03


ここまでワンサイドゲームになるとは思わなかった。

ちなみに僕は自民党員でもなんでもありません。

うちの母親は

  • 2008.02.24 Sunday
  • 12:05

餃子毒物混入事件でとんでもないことになっているこの時期に、
中国産じゃないから大丈夫だと言って、
平気で食卓に冷凍餃子を出してくるつわものです。

つわものと言っていいんだか悪いんだか・・・。

ガチャピンさん

  • 2008.01.15 Tuesday
  • 20:04

ニュースによると、「先日ガチャピンさん(5歳=恐竜のこども)とムック(5歳=雪男のこども)がケンカをし・・・」とある。

なんでガチャピン「さん」やねん!

シーチャカさん

  • 2007.01.24 Wednesday
  • 21:10

関西在住の人しか知らないと思うけど、いまから○十年前、関西テレビで「エンドレスナイト」という深夜のバラエティー番組があった。
深夜の12時くらいから終了はとりあえず未定で、夜明けになったら終わりという感じだっと思う。もちろん生。タイトルだけで考えると「朝まで生テレビ」みたいな・・・。
そのころまだテレビでは深夜番組がなかったときで、関西の深夜番組のさきがけ、くさわけみたいな存在の番組でった。
パーソナリティはばんばひろふみと兵頭ゆき。で、エンドレスギャル(エンギャル)という女の子が何人かいて、1期生2期生・・・というふうに続いていました。いまでいうところの、さんまの恋のから騒ぎに出演している女の子のような感じ。ハイヒールのモモコがエンギャル1期生だったり、ラヴポーション(!)のだれか(忘れた)が○期生(これも忘れた)だったり、エンギャル卒業生がその後テレビのリポーターやラジオのパーソナリティとして活躍していたりもする。
で、そのエンドレスナイトの番組プロデューサーが、いま世間を賑わせている関西テレビの社長、千草宗一郎なのです。
そのころは、プロデューサーの間でミドルネームをつけるのが流行っていて、例えば「オレたちひょうきん族」のプロデューサーの宅出たがり恵介」などがそうで、千草宗一郎も「千草シーチャカ宗一郎」と名乗っていた。
だから千草社長にはなんか親しみがあって、今回の件は、いくら社長が責任があるからと言って、本人がねつ造したわけでもないのになんかかわいそうなのだ。

それはそうと、「あるある」で納豆について放送されるとスーパーから納豆がなくなり、ねつ造が発覚すると納豆が残り・・・。日ごろから納豆を食べている者にとっては困るんだけどね。ねつ造が発覚しようが、「納豆は体にいい」のは周知の事実であって、今回納豆を買いあさった「にわか納豆ファン」にはいい加減にしてほしい、いやまじで。

※「あるある」とは「あるある探検隊」のことではない(笑)。

ご近所さん

  • 2006.12.17 Sunday
  • 19:08

今日は夕方に雨が降りました。
でっかい雷も一発鳴りました。でっかいのが一発だけ。
夕立みたい^^;

で、雨が降ってるのに気づかなかったら・・・誰かがピンポ〜ンとチャイムを・・・。
インターホンで出てみれば、「○○さん、雨降ってきたで、洗濯物・・・」と、おそらくご近所さんが教えてくれた。

ご近所付き合いは大切にしなければ・・・。

12月8日

  • 2006.12.07 Thursday
  • 23:50


Forever JOHN!!

村上春樹

  • 2006.10.31 Tuesday
  • 21:57


カフカ賞、おめでとうございます祝

ヴィエラ先生

  • 2006.10.29 Sunday
  • 15:45

フジテレビのドラマ「のだめカンタービレ」に出てくるヴィエラ先生。

実はチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督のズデニク・マーツァル。
しかし、チェコ・フィルの音楽監督に「スカトロ」とか言わすか?ふつう・・・。

祝 日本一 北海道日本ハム・ファイターズ

  • 2006.10.26 Thursday
  • 22:24

どうして稲葉のヒーローインタヴューはあんなにさわやかなんだろう?

丹波哲郎、大霊界へ旅立つ

  • 2006.09.25 Monday
  • 21:06

Gメンや007、大霊界でもお馴染みな丹波哲郎が死去。
ご冥福をお祈りします。

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

検索

オススメ

ブルックナー:交響曲全集
ブルックナー:交響曲全集

サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団のブルックナー交響曲全集です。とてもショルティッシモです。

オススメ

羊をめぐる冒険
羊をめぐる冒険

村上春樹初期3部作の最後を締めくくる作品です。【風の音を聞け】【1973年のピンボール】もあわせて読みましょう^^

オススメ

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

村上春樹の最高傑作(と、勝手に思っています)。

オススメ

マイ・ライフ
マイ・ライフ

まだ見ぬ子供を思う癌におかされた父親の話・・・と思ったら、実は主人公も父親と確執を持っていた!涙なしでは語れない感動の映画。

オススメ

玲玲の電影日記
玲玲の電影日記

泣きますよ。泣くけどいかにもMADE IN CHAINAな電影。

オススメ

ライヴ・イン・大阪 1984
ライヴ・イン・大阪 1984

今のベルリン・フィルにこんな演奏ができるだろうか?アンチ・カラヤンの人にも是非見てほしい一枚。

オススメ

オススメ

ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)
ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)

【羊をめぐる冒険】から4年後の世界を描いた物語。とても神秘的でハルキワールド全開。もちろん<下>もお薦め。

オススメ

天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]
天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]

伝統と最新科学の対決。こんなおもしろい映画はひさしぶり。

オススメ

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

よろしくお願いしまあぁぁぁぁぁぁぁぁすッ!!!
その他
リンク

mobile