ベートーヴェンマラソン演奏会

  • 2020.01.26 Sunday
  • 22:30



そういえば、こんなイベントもあったなぁ。たしか東京フォーラムでやったんだよね?
僕としては、たしかマゼールも同イベントをやっててそっちをCD化してほしかったんだが・・・。

使命

  • 2020.01.17 Friday
  • 19:04

最近、年のせいか涙もろくなったとか、涙腺が緩くなったというコメントをよく聞く。ごたぶんに漏れず僕も涙もろくなった。

今日17日は阪神・淡路大震災があった日だ。あれから25年が経つ。テレビのニュースや情報番組、報道番組はその話題で持ち切り。
さっき言ったとおり涙もろくなってしまったので、そういう番組は見ない、見れない。と言ってもすべてを見ないというわけにもいかないので、泣きながら見てしまった。
でも、これだけじゃなんの意味もない。泣きながら見ているだけじゃ他の被災者に怒られるだろう。このことを次の世代に伝えて行かなければならない。
このことを、令和となった新時代にもちゃんと伝えていくことが使命なんだろうとしみじみと思います。そうじゃないと犠牲になられた方に申し訳が立たない。

亡くなられた方、改めてご冥福をお祈りいたします。

第9シンフォニーの夕べ

  • 2020.01.02 Thursday
  • 12:38

ちょっと遅くなりましたが・・・



あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年も年末恒例の、大阪フィルハーモニー交響楽団の「第9シンフォニーの夕べ」を聴いてきました。
ご存知の方もいると思いますが、大フィルの年末の第9はちょっと変わっています。第9終演後に合唱団だけが残って「蛍の光」を歌います。二酸化炭素のスモークが出てきます。合唱団は1人1人がペンライトをつけていますが段々消えていき、最終的にはホールが真っ暗になり、舞台から掃けて行きます。それはもう幻想的で、開場も拍手喝采になります。
フェスティバルホールは改修後は緞帳がなくなり、それがちょっと残念ですが・・・。

僕は去年は思うところがあって行かなかったんだけど、すごく後悔してまたまた思うところがあって今年は行くことにしました。やっぱり年末恒例の第9はいいです。

ショスタコーヴィチ

  • 2019.12.29 Sunday
  • 19:59


先日、マリス・ヤンソンスが急逝したのはこのブログでも紹介した。もともと心臓病に悩まされていたらしいが、僕は知らなかったので「急逝」と一緒である。まさに、青天の霹靂、寝耳に水である。
とくに好きだったというわけではないけど、それでもクラシック音楽界に君臨するトップクラスの指揮者が急逝してたいそうびっくりした。

皮肉なことに、急逝したヤンソンスつながりで、最近はショスタコーヴィチの交響曲ばっかり聴いている。といっても5番「革命」、7番「レニングラード」、10番だけだけど。特に好きな箇所は「革命」は4楽章全部と、「レニングラード」の2楽章の2つ目の旋律、4楽章ラストで1楽章の主題が甦るところなんかは、鳥肌が立つ。「革命」の4楽章は吹奏楽でやったこともあるし、関西ローカルの刑事ドラマ「部長刑事」(古い!)のオープニングテーマで知っていたけど、5,7,10番以外の交響曲はまだ受け入れられるには相当な時間を有するであろう。

またCDや行けるコンサートが増えるもとになる作曲家が増えてしまった^^ゞ

世界の終わりとハードボイルドワンダーランド

  • 2019.12.21 Saturday
  • 21:56

電子マネーのキャンペーンに参加するため、運転免許証で本人確認しようと財布から免許証を出そうとしたら・・・ない!ない!ない!
ここに入れたはずなのに、明日車に乗る予定なのにどうしよう、と思って心当たりを約2時間くらい探したんだけどやっぱりない。ないってわかってるのに財布の中を何度も探して・・・。
ついに、免許証を紛失した場合どうしたらいいのかとか、必要書類とかネットで1時間くらいチェックするはめに・・・。
で、落胆したまま自分の部屋に行ったら、オーディオラックの上にCDの買取申込書のコピーが。で、それに本人確認書類(免許証のコピー)って書いてあったので、まさかと思って、プリンタ(コピーも出来る)の蓋をあけたら・・・あった!
もうお涙チョチョギレ状態で、めちゃうれしかった。


やれやれ
僕の「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」なんてこの程度^^ゞ

今日はジョンレノンの命日で、真珠湾攻撃の日でもある

  • 2019.12.08 Sunday
  • 12:00



今日からしばらくの間、クリスマスソングを聴くときはジョンン・レノンの「Happy Xmas」を選ぶことになる。

さて、マーラーの9番もあまりにも有名な曲で録音も腐るほど多い。
その中で一枚選べと言われても困るのである。ひじょーに困る。
それでも一枚を選ばないと「ケツの穴から手ぇ突っ込んで奥歯ガタガタ言わしたろか!」なんて言われたら怖いので、あえて選ぶとしたら・・・63年のウィーン芸術週間のクレンペラー/ウィーン・フィルを選ぶ。テスタメントからリリースされたものは、ブランデンブルグ協奏曲第1番がカップリングされているけど、8枚組setだったがさすがに手が出ないでので・・・。この2曲で分売されたものを購入した。
しかしこの演奏、実はネットではあまり評判がよくない(笑)。もちろん好意的な意見もあるけど。主な悪い評判は、「やる気あんのかウィーン・フィル」、「1〜3楽章がいまいち」、「心がこもってない、レニーの爪の垢を煎じて飲め!」などなど。まぁわからんでもないけどね(笑)。どこがよくてこの演奏を選んだかというと、、余計な感情を一切排した、楽譜に忠実な美しい演奏というのが理由。バーンスタインとは正反対のアプローチですな。第4楽章のトランペットがうるさいけど^^ゞ余計な感情を一切排した演奏の中ではピカイチではないでしょうか?以前は、バーンスタインとはいかないまでも、割と熱のこもった、指揮台の上で飛び跳ねるような演奏が好きだったんだけど、いい加減お腹一杯になっちゃって^^ゞ飛び跳ねな熱い演奏出来へんのかいっ、え、佐渡裕。

そのほかは、ベルティーニ/ケルン放送響、アバド/BPOとか、カラヤン/BPO(1982.5)、クレンペラー/ニューフィルハーモニア管が頭一つ抜きんでてるけど、あとはまさに群雄割拠ですな。選べません^^ゞ

ケツの穴から手ぇ突っ込まれてもいいです(笑)。

追悼 マリス・ヤンソンス

  • 2019.12.04 Wednesday
  • 21:03


もういろんなblog等で追悼されているけど、クラシック音楽界の「巨匠」マリス・ヤンソンスが亡くなった。76歳だった。ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、バイエルン放送交響楽団など、世界のトップレベルの楽団の指揮者を兼任していた。
また、過去にはレニングラード・フィルやオスロ・フィル等も指揮していたし、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートも数回指揮したこともある世界的にも有名指揮者。カリスマと言ってもいいと思う。
大変残念です。

ご冥福をお祈りいたします。

さくらを見る会

  • 2019.11.27 Wednesday
  • 11:45

内閣府が桜を見る会の名簿を破棄したことについて。

野党が、シュレッダーで約800枚の書類を約30秒で破棄できることをわざわざ実地調査して確認できたので疑っているけど、どこに食い下がってるんだ?
もっと追及することがあるだろう?
バカじゃないか?
暇なのか?

「やっぱ実演」を更新しました

  • 2019.11.17 Sunday
  • 12:25


ウィーン・フィルとベルリン・フィルを聴いてきました。

http://hccweb6.bai.ne.jp/waiwai/concert2019.htm


メータが心配です。


ベーム/チェコ・フィルのチャイ4

  • 2019.11.03 Sunday
  • 19:02


先日、71年のザルツブルク音楽祭のCDを入手した。
数年前に市販されらたしいのだが全然知らなっかった。
オケがチェコ・フィルで、指揮がベーム。こんなレアなコンビの演奏なんてあったのか!しかもチャイ4。どうして5番とか「悲愴」でなくて4番なのか?(笑)。聴いてみてびっくり。めちゃくちゃ熱い演奏。いわゆる「爆演」ではなく「熱演」。チェコ・フィルには申し訳ないが、本当にチェコ・フィルか?と思ってしまう。4番はチャコフスキーの交響曲の中では一番激しいとは思うけど、もう単に「熱い」とかそういうレベルではないのである。
たとえば、冒頭のホルンのファンファーレや弦楽器の美しさ、驚愕なるピチカート、第4楽章の畳み掛けるような尋常ならざるフィナーレ。もしこの場にいたら絶対泣く。それだけすごい演奏なのだ。CDでこれだから生で聴いたらとんでもないんだろう。カップリングの「皇帝」はそうでもないんだけど。

クラシック音楽を聴きだしてひさしくなり、CDの枚数こそそこそこあるんだけど、置く場所の問題やお金の問題もあり、少数精鋭ではないけどいい加減CDを買うのをやめようかとも思ったりするのだけど、たまにこういうCDが出てくるからやめられない^^ゞ

Go to top of page

最近の記事

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリ

検索

オススメ

ブルックナー:交響曲全集
ブルックナー:交響曲全集

サー・ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団のブルックナー交響曲全集です。とてもショルティッシモです。

オススメ

羊をめぐる冒険
羊をめぐる冒険

村上春樹初期3部作の最後を締めくくる作品です。【風の音を聞け】【1973年のピンボール】もあわせて読みましょう^^

オススメ

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

村上春樹の最高傑作(と、勝手に思っています)。

オススメ

マイ・ライフ
マイ・ライフ

まだ見ぬ子供を思う癌におかされた父親の話・・・と思ったら、実は主人公も父親と確執を持っていた!涙なしでは語れない感動の映画。

オススメ

玲玲の電影日記
玲玲の電影日記

泣きますよ。泣くけどいかにもMADE IN CHAINAな電影。

オススメ

ライヴ・イン・大阪 1984
ライヴ・イン・大阪 1984

今のベルリン・フィルにこんな演奏ができるだろうか?アンチ・カラヤンの人にも是非見てほしい一枚。

オススメ

オススメ

ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)
ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)

【羊をめぐる冒険】から4年後の世界を描いた物語。とても神秘的でハルキワールド全開。もちろん<下>もお薦め。

オススメ

天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]
天使と悪魔 スペシャル・エディション [Blu-ray]

伝統と最新科学の対決。こんなおもしろい映画はひさしぶり。

オススメ

サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]

よろしくお願いしまあぁぁぁぁぁぁぁぁすッ!!!
その他
リンク

mobile